毎日の食生活に取り入れたい血糖値を下げるためのポイント

血糖値を下げる食事改善なび

血糖値を下げる食事改善なび » 高めの血糖値と上手くつきあっていくために » 気をつけたい妊娠糖尿病

気をつけたい妊娠糖尿病

ここでは、妊娠をきっかけに血糖値が高くなってしまう妊娠糖尿病についてまとめています。

妊娠したら糖尿病に?

妊娠糖尿病とは、妊娠をきっかけに高血糖状態に陥ってしまうことを指します。

妊婦さんのからだは、お腹にいる赤ちゃんのために妊娠後のある時期から血糖値が上がりやすい状態になります。通常であれば、体内で自然にインスリンの分泌量が調整され、高血糖状態が続くことはありません。

けれどもインスリンが不足する体質である場合、妊娠によって高血糖状態が引き起こされてしまいます。高血糖状態が続くと早産につながったり、生まれてきた子どもが低血糖を起こしやすくなるなどのリスクが高まります。

妊娠前から肥満気味であったり、身内に糖尿病を患っている人がいる場合には注意が必要です。また、以前生んだ子どもが大きかったという場合も、高血糖が原因となっている可能性が考えられます。

もしかして糖尿病?と思ったら、取りこし苦労になったとしても<検査を受けておきましょう。妊娠に向けての安心感にもつながります。

予防と治療法について

血糖値が高くなりやすいという自覚がある場合は、妊娠前に高血糖の治療を行っておくことが一番です。妊娠してからではからだへの負担も大きくなりますし、ホルモンバランスもかかわってくるので一筋縄ではいきません。

生まれてくる子どものためにも、まずは母体が健康でいられるようライフスタイルの見直しをしてみましょう。

糖分が多く含まれる菓子類や高カロリーのビールなどを避け、適度な運動を始めてみてください。体調管理のため食事の内容を日記につけるのも効果的です。

妊娠糖尿病であることが判明した場合は、食事療法からスタートします。炭水化物を抑え、食物繊維の取れる食事のスタイルにシフトしていきましょう。血糖値の上昇が著しい場合には、あわせてインスリン注射が必要となる人もいます。

また、出産後も油断しないようにしましょう。特に体質が影響している人は、気を抜くと慢性的な高血糖になってしまいます。定期的に血糖値を確認しながら、健康的なライフスタイルを心がけてくださいね。

血糖値を下げるために注目の健康食品リスト

血糖値を下げる食生活のヒント
血糖値が気になる人のための健康食品リスト
血糖値を下げる効果のある成分カタログ
要注目の血糖値改善食品・紅豆杉について
高めの血糖値と上手くつきあっていくために

ページの先頭へ

血糖値を下げる食事改善なび