毎日の食生活に取り入れたい血糖値を下げるためのポイント

血糖値を下げる食事改善なび

血糖値を下げる食事改善なび » 血糖値が気になる人のための健康食品リスト » 天の葉緑茶

天の葉緑茶

天の葉緑茶は、個人向けから法人向けまで幅広い健康食品を手がける富士産業株式会社が販売している粉末状の緑茶です。

  • 天の葉緑茶 画像容量:6g×60包
  • 含まれている成分:難消化性デキストリン、緑茶抽出物、緑茶
  • 販売会社:富士産業株式会社

朝・昼・晩の食事ごとに、1包みを約100mlの水またはお湯に溶かして飲むのですが、天の葉緑茶に含まれる難消化性デキストリンは食事と一緒に摂ることで効果を発揮するため、食後ではなく、食前または食中に飲むのがより適切な飲み方です。

ちなみに天の葉緑茶は「特定保健用食品」にも指定されています。

天の葉緑茶が血糖値コントロールに働きかける仕組み

天の葉緑茶も、緑茶と言えば緑茶なのですが、通常の緑茶と大きく異なるのは、難消化性デキストリンを多く含んでいる点にあります。具体的には1包(6g)あたり4.5gもの、難消化性デキストリンを含有しています。

難消化性デキストリンというのは、でんぷんを原料とする水溶性の食物繊維のことなのですが、体内に入れると腸の中で粘り気のあるゲル状に変化して、糖をがっちりと抱え込む性質があります。

それによって、食事に含まれる糖分が小腸に吸収されるスピードを遅らせ、食後の血糖値の上昇をゆるやかなものにします。まさに、血糖値が気になる人にとっては打ってつけの食物繊維というわけです。

その他の特徴

難消化性デキストリンには血糖値を下げる働きがあるわけですが、健康な人が飲んでも、正常な血糖値を下げ過ぎることはありません。

むしろ食物繊維を補うことになるので、血糖値の高低を問わず、普段の食事のなかで野菜が不足している人などにも断然おすすめです。

また、難消化性デキストリンは水を吸うことで膨らみます。食前に飲むことで満腹感を得ることもできますので、ダイエットにも効果的です。

天の葉緑茶の口コミ

難消化性デキストリンという成分が含まれた緑茶ですが、味に関しては良い意味で普通の緑茶なので、毎日おいしく飲んでいます。

友人のすすめで飲み始めました。まだ効果は表れていませんが、期待して飲み続けたいと思います。

粉末状なので、水やお湯に溶かして、飲みたいときにさっと飲めるのがいいですね。

テレビで何度も見ている商品ですし、何より「トクホ」の緑茶なので、安心して飲むことができます。

血糖値を下げるために注目の健康食品リスト

血糖値を下げる食生活のヒント
血糖値が気になる人のための健康食品リスト
血糖値を下げる効果のある成分カタログ
要注目の血糖値改善食品・紅豆杉について
高めの血糖値と上手くつきあっていくために

ページの先頭へ

血糖値を下げる食事改善なび