毎日の食生活に取り入れたい血糖値を下げるためのポイント

血糖値を下げる食事改善なび

血糖値を下げる食事改善なび » 要注目の血糖値改善食品・紅豆杉について » 含まれる成分とその効果効能

含まれる成分とその効果効能

紅豆杉に含まれる成分と、それによる効果効能について紹介しています。

100種類以上の有用成分を含む紅豆杉

紅豆杉については、今現在もなお、その効果効能に関して積極的に研究が進められています。そうした研究を通じて、紅豆杉には「Hongdoushan A(ホングドウシャンA)」「Isotaxiresinol(イソタキシレシノール)」「Taxiresinol(タキシレシノール)」など100種類以上もの有用成分が含まれていることがわかっています。

そして100種類以上におよぶ、天然由来の多彩な有機化合物が複合的に作用し合うことによって、人の手でつくられた化学化合物では考えられないほどの、効果効能を発揮することも徐々に明らかになってきています。

紅豆杉が持つ驚くべき効果効能とは?

まずは「抗ガン作用」が挙げられます。しかも単にガンをやっつけるだけではありません。

抗ガン作用は抗ガン作用でも「選択的抗ガン作用」というのですが、正常な細胞を傷つけることなくガン細胞のみを狙い撃ちして死滅させることが、紅豆杉にはできるのです。これは副作用がないということを意味します。

また紅豆杉には「消炎作用」もあることがわかっています。炎症を引き起こす原因となるサイトカインという物質を正常化することで、関節の腫れやこわばり、そして痛みを和らげてくれる紅豆杉は、リウマチなどの疼痛緩和にも効果を発揮します。

そして、紅豆杉の効果効能のうち、ぜひとも押さえておきたいのが「血糖値を抑制する作用」です。

紅豆杉には、ポリフェノールの一種である「リグナン」という成分が含まれているのですが、これが血糖値を下げるうえで大きな働きをしてくれます。

具体的には、糖質でドロドロになった血液をサラサラな血液へと変えてくれる血行改善効果が期待できるのです。血行改善効果に加えて、細胞にできた傷を修復する効果もあるリグナンは、実際に糖尿病予防・治療などにも役立てられています。

紅豆杉茶画像

上に見てきたように、さまざまな効果効能を有した、まさに「万能薬」とも言うべき紅豆杉ですから、できることならこまめに摂取したいもの。

であれば、紅豆杉をお茶として飲む「紅豆杉茶」が断然おすすめです。

それも健康茶屋という会社が販売しているようなティーバッグタイプの紅豆杉茶ならば、水やお湯で煮出して、好きなときに好きな量だけ飲めるのでとても効率的です。

≫≫健康茶屋の紅豆杉茶の詳しい情報はこちら≪≪

血糖値を下げるために注目の健康食品リスト

血糖値を下げる食生活のヒント
血糖値が気になる人のための健康食品リスト
血糖値を下げる効果のある成分カタログ
要注目の血糖値改善食品・紅豆杉について
高めの血糖値と上手くつきあっていくために

ページの先頭へ

血糖値を下げる食事改善なび