毎日の食生活に取り入れたい血糖値を下げるためのポイント

血糖値を下げる食事改善なび

血糖値を下げる食事改善なび » 要注目の血糖値改善食品・紅豆杉について » 紅豆杉とは?

紅豆杉とは?

紅豆杉の概要や歴史について解説するとともに、その服用方法を紹介しています。

紅豆杉(白豆杉・タキサス)とは?

紅豆杉画像

紅豆杉の正式な和名は「雲南紅豆杉」。そのほかにも「白豆杉」「不老杉」あるいは学術名そのままに「タキサス」と呼ばれることもありますが、これらはすべて同じものだとご理解ください。

さて、そんな紅豆杉ですが、植物の分類としては「イチイ科」に属し、地球最古の高山植物とも言われています。

原産は中国の雲南省(だから「雲南紅豆杉」)。

紅豆杉は高山植物だと言いましたが、どのくらいの高さのところに生えているかと言うと、海抜3,000~4,000メートルあたり。つまり、富士山と同じくらい、またはそれよりも高い場所に紅豆杉は生えているのです。

生物というのは、過酷な環境に生きるものほど生命力が強いと言われています。たとえば深海に生きるサメはガンにならないというのは有名な話ですが、海抜数千メートルという、世界一過酷な環境に自生する紅豆杉の生命力に関しても同様のことが言えます。

古代中国では、仙人になれる木「仙樹」として重宝されてきました。万里の長城を築いたことで知られる秦の始皇帝が、不老不死の薬として愛用していたというエピソードなども残っています。

にも関わらず、その存在や効能がこれまであまり知られてこなかったのは、原産国である中国が「国家一級保護植物」として紅豆杉の伐採や販売を長く禁じていたから。現在は、日本とアメリカの2か国に対してのみ輸出が認められ、それに伴い紅豆杉に関する研究も急速に進んでいます。

具体的に日本では、北里大学、山王病院、国立がん研究センター研究所など、名だたる大学、病院、研究所において紅豆杉の研究が行われており、今日に至るまで実に多くの研究成果や論文が発表されています。

紅豆杉の服用方法

服用方法としては、紅豆杉を配合したサプリメントや顆粒をダイレクトに飲む方法と、紅豆杉をお茶として飲む方法の、大きく分けて2通りあります。より服用しやすいのはやはり、お茶として飲む方法でしょう。

そのなかでも特におすすめなのがティーバッグタイプになっている紅豆杉茶で、これでしたら自分の好みに応じて濃く煮出すことも、薄く煮出すこともできますし、また夏ならばアイス、冬ならばホットにして楽しむこともできます。

≫≫紅豆杉茶に含まれる成分と効果効能をチェック≪≪

血糖値を下げるために注目の健康食品リスト

血糖値を下げる食生活のヒント
血糖値が気になる人のための健康食品リスト
血糖値を下げる効果のある成分カタログ
要注目の血糖値改善食品・紅豆杉について
高めの血糖値と上手くつきあっていくために

ページの先頭へ

血糖値を下げる食事改善なび