毎日の食生活に取り入れたい血糖値を下げるためのポイント

血糖値を下げる食事改善なび

血糖値を下げる食事改善なび » 血糖値を下げる効果のある成分カタログ » ビタミンB群

ビタミンB群

ビタミンB群が血糖値を下げる仕組みや、ビタミンB群が多く含まれている食品、そしてその効果的な摂取方法などについて紹介しています。

ビタミンB群がもたらす効果

ビタミンというと、健康に良くて何に対しても効きそうなイメージがありますが、まさにそのとおりで、血糖値を下げるうえでもビタミンB群はよく効くのです。

今、「ビタミンB群」と言いましたが、あえて「群」の文字を付けたのは、ビタミンBにはいくつかの種類があるため。具体的には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類あります。

「血糖値を下げる」という観点からこの8種類のビタミンを見たときに、特に注目したいのがビタミンB1です。

ビタミンB1というのはそのままズバリ、糖の代謝を活性化させる働きを持っています。とりわけ人間の脳というのは糖以外の物をエネルギー源にすることができませんので、糖質をエネルギーへと変えるビタミンB1は、脳を使う・頭を働かせる際には欠くことのできない栄養素でもあるのです。

せっかくですので、それ以外のビタミンの働きについても簡単にふれておきましょう。

ビタミンB2とB6、そしてナイアシンとビオチンは、糖質だけでなく、脂質やタンパク質の代謝にも広く関わってくるビタミンです。

一方、ビタミン12と葉酸は悪性貧血の予防に効果を発揮するビタミンで、パントテン酸は別名「抗ストレスビタミン」とも呼ばれているように、ストレスの多い人に不可欠なビタミンとされています。

ビタミンをバランスよく摂取すべき理由

8種類のビタミンの内容について簡単に見てきましたが、これらビタミンB群にはもうひとつ大きな特徴があります。

それは、8種類のビタミンは相互に関連し合いながら、あるいは相互に補完し合いながら働く、という点です。つまり、8種類のうちどれか1つでも欠けてしまったら十分な働きを期待することはできないということです。

ビタミンB群の効果的な摂取方法は、8種類のビタミンをバランスよく摂ること。

あとは、一度に大量に摂取したとしても身体のなかにたくわえておくことはできませんので、毎回の食事ごとにきちんと摂ることも併せて大事になってきます。

ビタミンB群を多く含む食品・飲料

  • ビタミンB1:玄米、豚肉など
  • ビタミンB2:うなぎ、卵、納豆など
  • ビタミンB6:バナナ、ナッツなど
  • ビタミンB12:牛乳、レバーなど
  • ナイアシン:魚類、豆類など
  • パントテン酸:牛乳、卵など
  • 葉酸:緑黄色野菜など

血糖値を下げるために注目の健康食品リスト

血糖値を下げる食生活のヒント
血糖値が気になる人のための健康食品リスト
血糖値を下げる効果のある成分カタログ
要注目の血糖値改善食品・紅豆杉について
高めの血糖値と上手くつきあっていくために

ページの先頭へ

血糖値を下げる食事改善なび