毎日の食生活に取り入れたい血糖値を下げるためのポイント

血糖値を下げる食事改善なび

血糖値を下げる食事改善なび » 血糖値を下げる効果のある成分カタログ » サポニン

サポニン

サポニンが血糖値を下げる仕組みや、サポニンが多く含まれている食品、そしてその効果的な摂取方法などについて紹介しています。

サポニンがもたらす効果効能

少々聞き慣れない言葉かもしれませんが、サポニンというのは、植物の根や葉、茎などに含まれる有機化合物で、苦みやエグみなどの元となる成分です。

健康には良いがものすごく苦いことで知られ、あの高麗人参に多く含まれていると言えば、少しはイメージしやすいでしょうか。

血糖値を下げるとうたった健康食品の中には、高麗人参を配合した商品が数多くありますが、これはまさに、高麗人参に多く含まれるサポニンの効果によるものにほかなりません。

同じ人参の仲間に田七人参という植物があるのですが、こちらのサポニン含有量は高麗人参の約10倍。確かに、身体には良さそうですが、ここまで多くのサポニンを含んでいると非常に苦そうで、気軽に摂取するというわけにはいかないかもしれませんね。

サポニンには血液循環を促す、悪玉コレステロール値を下げる、血液中の中性脂肪を洗い流すなどの働きがあって、こうした働きによって血糖値を下げることが医学的にも証明されています。

血糖値を下げる以外の効果としては、肥満予防、免疫力向上、肝機能向上、咳や痰の抑制といった効果も期待されます。

またサポニンは血液に対して直接働きかけるため、糖尿病に対してだけでなく、高脂血圧、動脈硬化、心筋梗塞などにも良いとされています。

サポニンの効果的な摂取方法

下に記載していますが、サポニンを多く含む食品は、大豆を除くと、手軽に入手できるとは言い難いものばかり。

サポニンを摂取しようと思ったら、サポニンを配合したお茶やサプリメントに頼るのがもっとも効率的と言えるでしょう。

サポニンにもいくつかの種類があって、大豆や人参に含まれるサポニンは効き目が穏やかなため、たとえば大豆サポニンであれば1日に100mgくらい摂取しても何の問題もありません。

しかし生薬である桔梗などに含まれるサポニンは効き目が強く、過剰に摂取すると吐き気などをもよおす恐れもあるので、用法・用量には注意が必要です。

サポニンを多く含む食品・飲料

大豆、高麗人参、田七人参、桔梗など

血糖値を下げるために注目の健康食品リスト

血糖値を下げる食生活のヒント
血糖値が気になる人のための健康食品リスト
血糖値を下げる効果のある成分カタログ
要注目の血糖値改善食品・紅豆杉について
高めの血糖値と上手くつきあっていくために

ページの先頭へ

血糖値を下げる食事改善なび