毎日の食生活に取り入れたい血糖値を下げるためのポイント

血糖値を下げる食事改善なび

血糖値を下げる食事改善なび » 血糖値を下げる効果のある成分カタログ » ポリフェノール

ポリフェノール

ポリフェノールが血糖値を下げる仕組みや、ポリフェノールが多く含まれている食品、そしてその効果的な摂取方法などについて紹介しています。

ポリフェノールがもたらす血糖値の改善

「ポリフェノールが健康に良い」ということは広く知られていますが、その一方で「そもそもポリフェノールとは何なのか?」については、あまりよく知られていないように思います。

たとえばポリフェノールには何千もの種類があり、その種類によって作用・効果が異なるのです。

ポリフェノールの作用・効果と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、おそらく抗酸化作用でしょう。

人間の身体は、酸素を取り入れてエネルギーをつくる過程で活性酸素という物質を生み出すわけですが、老化や生活習慣病の原因となる、この活性酸素の発生を抑制する働き(=抗酸化作用)があるということで、ポリフェノールを多く含む食品や飲料、たとえばブルーベリーや赤ワインなどが一時期ブームになったことは記憶に新しいかと思います。

こうした抗酸化作用に加えて、ポリフェノールの働きとしてぜひとも知っておきたいのが血糖値を下げる効果です。

実際に、カネボウフーズや長瀬産業など名だたる企業が、ポリフェノールがもたらす血糖値抑制効果に関する研究結果を発表しています。

先ほど、ポリフェノールには何千もの種類があると言いましたが、そのなかでも血糖値を下げる効果があるとして大きな注目を集めているのが、「リグナン」と呼ばれるポリフェノールです。

リグナンの驚くべき効果効能

このリグナンには血行改善作用があり、たとえば糖でドロドロになった血液をサラサラにしてくれる効果などが期待できます。

ちなみにこのリグナンは、イチイ科の植物である「紅豆杉」に多く含まれていて、現在は紅豆杉を原料としたお茶なども販売されています。

実は、お茶にして飲むという摂取方法はたいへん理に適っていて、まずポリフェノールというのは水に溶けやすく吸収されやすいといった特徴を持ちます。

そのため体の中に長く蓄積されることはありませんので、定期的に摂取するのが効果的。その意味でも、手軽に実践できる「お茶にして飲む」という方法はとても良いと思います。

ポリフェノールを多く含む食品・飲料

紅豆杉茶、赤ワイン、チョコレート、ブルーベリー、リンゴ、イチゴ、バナナ、ごま、大豆など

血糖値を下げるために注目の健康食品リスト

血糖値を下げる食生活のヒント
血糖値が気になる人のための健康食品リスト
血糖値を下げる効果のある成分カタログ
要注目の血糖値改善食品・紅豆杉について
高めの血糖値と上手くつきあっていくために

ページの先頭へ

血糖値を下げる食事改善なび