血糖値を下げる食事改善なび

毎日の食生活に取り入れたい血糖値を下げるためのポイント

血糖値を下げる食生活その1:紅豆杉茶編

血糖値を下げるお茶を取り入れて高い血糖値を下げる効果があるとして、いま絶大な注目をあびているのが「紅豆杉」です。別名「不老杉」「白豆杉」とも呼ばれ、学術名をタキサスと言います。

紅豆杉は、ポリフェノールの一種である「リグナン」を多く含む植物。生薬として扱われ、抗酸化作用や血行改善に優れ、降血糖作用はもちろん糖尿病予防・改善にも効果的であるとされています。

血糖値を下げる食事改善の近道は、現状の食生活を変えるだけではなく、いかに血糖値を下げる成分を含む食品を取り入れるかが重要となります。

この紅豆杉を主成分とした健康茶「紅豆杉茶」は、中国では「血糖値を下げるお茶」と呼ばれており、血糖値に悩むすべての方にオススメしたい健康食品なのです。

おすすめ商品ピックアップ:紅豆杉茶

紅豆杉茶 画像
容量 容量:30袋
成分 含まれている成分:紅豆杉(タキサス
販売 販売会社:健康茶屋

紅豆杉茶は、中国雲南省に自生する「紅豆杉(タキサス)」100%を主原料とする健康茶です。研究・開発と外貨獲得を目的として、日本とアメリカにだけ限定的に輸出されているとても貴重な植物です。

氷河期を生き延びた樹木であり、「生きた化石」とも呼ばれている紅豆杉の平均樹齢は、なんと3000年。そのとてつもない生命力から、古代中国では「仙樹」と呼ばれていました。

驚くべき点はこの生命力だけではありません。紅豆杉が人体にもたらすさまざまな効果が、各機関の研究により相次いで発表されているのです。

抗炎症作用、利尿作用、血圧降下、血中脂質減少、花粉症改善、リウマチ、不眠、がん抑制効果、糖尿病改善はその一角。

中でも私たちが注目したいのが、紅豆杉が持つ降血糖作用です。

あなたの血糖値に対する悩みを解決させる紅豆杉茶

みなさんは、血糖値に対してどういった考えをお持ちですか?

  • いま行っている血糖値対策方法に希望が持てていない。
  • 何をしても血糖値が下がらない。
  • 血糖値を下げるようにと医者から指示を受けたが具体的にどうしたらいいかわからない。
  • 楽に血糖値を下げたい。

これらは、血糖値を下げたい方の多くに共通する悩み。あなたにとってもいずれかは思い当たる節があるのではないでしょうか。

紅豆杉茶は、こういった血糖値に対しての悩みを解決するほどの降血糖作用を持っているのです。

その効果は「紅豆杉由来リグナン類を含む血糖降下剤、肝臓保護薬、抗ガン剤」を発明名称として特許を取得しているほど。

富山医科薬科大学和漢薬研究所や金沢医科大学などの教授による論文も発表されています。

「紅豆杉の生物活性成分の探索」http://ci.nii.ac.jp/els/110002536779.pdf?id=ART0002814962&type=pdf&lang=en&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1450938764&cp=
「病態モデルによる食品因子の作用に関する栄養学的・食理学的研究」https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs/62/2/62_2_61/_pdf

また、健康茶屋の紅豆杉茶は飲みやすいティーバッグタイプ。日々飲んでいるお茶を紅豆杉茶に変えるだけで手軽に、血糖値を下げる食事改善を行うことができるのです。

とにかく血糖値を下げたいけど今までやってきた方法に実感を持てない方、食生活を見直すために何をすればいいか分からないといった悩みを、簡単に解決することができるのです。

長い歴史を持つ紅豆杉

雲南省の中でも限定的な地域にのみ自生する紅豆杉は、その貴重さからも中国政府が長く輸出・転売・伐採を禁じていました。中国内では国家一級保護植物に定められ、ワシントン条約でも貴重種として定められています。

ある記述によると、古来より紅豆杉は王族のみが口にできたそう。かの秦の始皇帝も自身の不老不死のため、部下に世界中を旅をさせ見つけ出した漢方のひとつだといわれています。

新生代第4紀氷河期から現存している56種の植物の中でも、最古の樹木であり、2億年前の中生代から一属一種、太古のままの姿である紅豆杉。さらに、世界に存在する樹木の中でも、最も高い海抜に自生しているというこの強い生命力が、血糖値のみならず私たちの健康を支えてくれるのです。

健康茶屋の紅豆杉茶のHPをチェックする

血糖値を下げる食生活その2:サプリメント編

サプリメントは効果的?接待が多く食事のコントロールが難しいビジネスマンや運動をする時間が取れない人、面倒くさがり屋の人でも、比較的手軽に始められるのがサプリメント療法。

難消化性デキストリン、豆鼓、ゴーヤー、田七人参などを含む製品がおすすめです。

ただし、サプリメントは多少ですが副作用のリスクもありますし、お茶などに比べると高額です。あくまで、食事のサポートとして活用するのがおすすめです。

おすすめ商品ピックアップ:糖素減

糖素減 画像
容量 容量:150粒(約1ヵ月分)
成分 含まれている成分:サポニン(ゴーヤー)
販売 販売会社:株式会社ライフィックス

糖素減の主成分はゴーヤー。ゴーヤーに含まれる「サポニン」という成分が、糖の分解を促進してエネルギーへの変換をしっかりサポートしてくれます。

さらにゴーヤーには2つの注目成分が含まれています。1つは脂溶性物質チャランチン。チャランチンは、すい臓の細胞に働きかけてインスリンの分泌を促し、血糖値を下げるといわれています。もう1つはコロソリン酸。これは別名植物インスリンと呼ばれるタンパク質で、血糖値を安定させると言われています。どちらも薬のように低血糖を起こす危険性はないそうです。

糖素減は世界に約100種類あると言われるゴーヤーのなかでも、特にタンパク質を豊富に含む蘭山ゴーヤーのエキスを濃縮したサプリメントなのです。

糖素減の口コミはこちら

血糖値を下げる食生活その3:食べ物編

GI値を意識しましょう

GI値が高い食べ物は、パン、米、ラーメンなどの炭水化物や、砂糖が使われているお菓子など。料理の調理の仕方や食べる順番によっても、血糖値の上昇を抑えることができるので、覚えておくようにしましょう。

それに対して、GI値が低い食材は、以下のようなものがあります。

野菜類 ほうれん草や小松菜などの葉物野菜全般、タマネギ、ゴーヤー、おくら、レモン、ブロッコリー、海藻、きのこ類、瓜
魚介類 あさり、牡蠣、いか、サバ、イワシ、サンマ
調味料 酢、オリーブオイル、シナモン
その他 納豆、大豆

これらをバランス良く組み合わせて食事を摂るようにしましょう。


…いかがでしょうか?血糖値を下げるためには、まず食事の改善から!普段の食生活を見直し、バランスの良い食事を摂っていくことが大切です。

そして、食事だけでは補いきれない栄養素を、健康食品でサポートするのが理想的です。血糖値を下げるための正しい知識を持ち、健康な体を手に入れましょう。

ただし、このHPで紹介している情報は、あくまで管理人個人が調査したものです。血糖値が110~126ほどと診断された方は、必ず医師へ相談をするようにしてください。また、掲載されている健康食品の詳細情報は、HPでチェックをお願いします。

血糖値を下げるために注目すべき健康食品一覧

今日から実践!血糖値を下げる食生活の基本講座

血糖値を下げる食事の改善方法とは「血糖値を下げる方法を知りたい」「糖尿病を予防したい」

そんな声にお応えすべく、このサイトでは血糖値を下げる食品や食事改善法、血糖値に関する基礎知識を紹介しています。

高血糖は糖尿病を引き起こす恐れがあるだけでなく、心筋梗塞や麻痺などの合併症のリスクも高まります。

糖尿病は国民病とも言われ、甘くるのは非常に危険!日頃から血糖値をコントロールする習慣をつけるようにしましょう。

血糖値コントロールに大切なのは、ずばり食生活。バランスの良い食生活に変えるだけで、血糖値の状態は改善できると言われています。では、どのように食生活を変えれば良いのでしょうか。

今月の特集:血糖値を下げるために注目の健康食品リスト

血糖値を下げる効果のある食べ物・食べ方

血糖値を下げて正常値に近づけるためには、カロリー制限・糖質制限を取り入れた食事療法が必要なのはもちろんのこと、同時に血糖値を下げる効果のある食べ物を日常の食生活に取り入れるのが効果的です。

血糖値を下げる効果があるとされる食べ物も、食べ方によって効果が異なってくるので、食べ方に注意をしましょう。
例えば、血液をサラサラにしてくれる玉ねぎは、辛さを抜くために水にさらすと栄養素も溶け出してしまうので、他の食べ物と一緒に加熱して調理が効果的です。いろいろな料理に使われるので積極的に取り入れていきましょう。
ねばねば成分が糖の吸収をやわらげるオクラは、加熱しすぎると栄養素が壊れてしまうので、30~40秒ほどゆがけば十分です。
血糖値だけではなく血栓や血圧の改善にも効果があるニンニクは、食べる直前に生ですりおろすのが、最も効果的です。

また、血糖値を抑える食べ方として、20分以上かけるようゆっくり噛んで食べるのが効果的です。ゆっくり噛むことで満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぐことができます。

また、同じ内容を食べるときでも、食べる順番を調整すればより効果的です。
サラダなどの野菜類から食べ、次に肉や魚、最後に炭水化物という順で食べると、炭水化物の吸収がゆるやかになります。

オリーブオイルやお酢は、血糖値の上昇を抑える効果を持つので効果的に取り入れましょう。ただし、オリーブオイルも油には違いないので、摂りすぎには注意する必要があります。

要注意!血糖値を上げてしまう食べ物は?

食後は誰でも血糖値が上昇するものです。しかし、GI値(Glycemic Index:グリセミック・インデックス)が高い食品を摂るとさらに血糖値が上がりやすくなってしまうので注意が必要です。ここでは、GI値の高い食品を紹介しますので、意識的に控えていきましょう。

炭水化物 白米、食パン、フランスパン、もち、うどん、ラーメン、パスタなど
野菜類 にんじん、じゃがいも、とうもろこし、レンコン、かぼちゃなど
調味料 ケチャップ、ソース、砂糖、みりんなど
お菓子類 すべて
飲料 コーラ、オレンジジュースなど

血糖値を下げる効果のある生活習慣

血糖値は食事が大きく影響します。特に食後は誰でも血糖値が上昇するので食事だけではなく、適度な運動がおススメです。特に食後30分から2時間の間に運動をすることで、インスリンの働きを改善し、血糖値を抑える効果があります。
また、運動は中性脂肪を抑えて、肥満対策や血圧、コレストロールを抑制する効果もあるので、継続できる範囲で続けたいですね。ただし、食後直後の運動は体に負担がかかりますので、30分ほどおいてからにしましょう。

運動といっても息が上がるほどのキツイ運動は必要ありません。おすすめは有酸素運動であるウォーキングです。年齢に関係なく、誰でも簡単に行える運動なので、継続しやすいのが魅力です。歩くコースを工夫するなどすれば、肉体面だけではなくストレス解消などのメンタル面にも効果が期待できて、いいとこづくめです。

他にも軽いジョギングやサイクリング、水泳などがあり、それぞれ体への負荷が異なるので体の状態を考えて行いましょう。

血糖値が高くなる原因

血糖値が高くなる要因として「遺伝」「ストレス」「過食・偏食」「運動不足」があげられます。それぞれ、どうして血糖値が高くなるのかを紹介します。

遺伝 血糖値が上がりやすい体質は遺伝します。特に両親や兄弟に糖尿病患者がいれば要注意。インスリンの働きに影響があるので注意が必要です。
ストレス 人間はストレスを感じると交感神経が緊張し、血糖値を上昇させるホルモンが分泌されます。インスリンは副交感神経から分泌されるので、その結果、血糖値が上昇してしまいます。
過食・偏食 おかしやケーキの食べ過ぎだけではなく、米や麺類などの炭水化物も血糖値を高くなる原因です。また、外食や飲酒が多く食生活のバランスに偏りがあると危険です。高血糖は体形に関係なく、痩せているからと油断できません。
運動不足 ブドウ糖の消費は筋肉が関係します。運動不足により筋肉が低下すると消費できるブドウ糖が少なくなり、消費できなくなったブドウ糖は脂肪になります。その結果、肥満につながり、インスリンの働きにも影響が出てきます。

血糖値を下げるために注目の健康食品リスト

血糖値を下げる食生活のヒント
血糖値が気になる人のための健康食品リスト
血糖値を下げる効果のある成分カタログ
要注目の血糖値改善食品・紅豆杉について
高めの血糖値と上手くつきあっていくために

ページの先頭へ

血糖値を下げる食事改善なび